2019年 第2回

2019.jpg
南先生.jpg

介護・医療に活かす
ユニバーサルカラーの効用と実践

~元気と健康をサポートする環境づくりのカラーセラピー~

南 涼子 先生

一般社団法人日本ユニバーサルカラー協会代表理事カラーコンサルタント

2001年から高齢者や認知症に対応する色彩の研究に取り組み、介護・医療施設のカラーデザイン、同分野の製品の色彩監修を専門に手掛けている。「福祉・介護と色彩」「色彩のユニバーサルデザイン」「色彩心理」等をテーマとした各地での講演、講座、執筆を行う他、各大学、専門学校講師を務める。2003年日本ユニバーサルカラー協会を設立。2010年に世界初となる色と形を立体化させた「クリスタルカラーセラピー」を考案・開発。主な著書は、「介護に役立つ[色彩]活用術」(現代書林)、「介護力を高めるカラーコーディネート術」(中央法規)。

島田敦子先生 (1).jpg

カラーライトセラピーによる

顕在意識エネルギーと潜在意識エネルギーの調整

島田 敦子 先生

一般社団法人日本カラーライトセラピー協会理事


カラーワークス札幌(有限会社」アズール)代表取締役日本カラーライトセラピー協会(JCLTA)設立当初から同協会理事として活動。高い感性と精鋭されたスキルにより多くのカウンセリング実績を持ち、インストラクターとしても多数のセラピストを育成してきた。同時に市場への「セラピー分野」啓発のため、大きな出店イベントを立ち上げ、ジャンルに関わらず「セラピーに携わる方々」を集めて定期的に開催し、イベント運営の方法を伝授し続け後年へ継承。現在は海外インバウンド企業のための色彩ブランディングも行っている。JCLTAは設立から12年に亘って、表面的な心理分析や癒しに留まらず、より本質的なエネルギーを活性化させることに着目し、心理的、生理的側面から色と光についての研究を行っている。独自に開発したLightwave Tuningは、身体の不具合を見つけ出すCTスキャンのように、内的エネルギーバランスを目に見える形で表すことができる。セラピーの手法としては、習慣化された脳の反応を変化させるためにカラーライトを用いて、本質的な反応を呼び起こし、脳に定着させることで、自ら気付き、決断し、前進することをサポートする。このメソッドは、2017年のILA本部カンファランスにおいてプレゼンし、大変高い評価を得た。

バースカラーアカデミー山口貴亮氏.jpg

人生を豊かにデザインする
バースカラー

山口 貴亮 先生

 色彩科学研究所(株)代表取締役/バースカラーアカデミー代表

Color your beautiful life ~色で人生を幸福に~ を企業理念として、バースカラーアカデミーでは、人生を豊かにデザインできる 人財を国内外も含め、これまでに400名以上のインストラクター・セラピストを養成してきている。また、建築、デザイン、装飾、アパレルなど様々な分野の企業に積極的に色を取り入れたカラー戦略を提唱している。バースカラーとは、誰もが生まれながらに備えている「自分の波長を整える色」    であり、波長を整えることでセンター(軸)を強め、さまざまなストレスが生じたときや選択、決断する際にもブレない自分を維持することができる。センターを強めることは、自身が望む生き方、幸せを実現するためにも重要な要因であると考え、より幸せな人生を送るためのツールとしてのバースカラーの考え方、活用事例を紹介する。
 

shishijima.jpg

四十万 靖 先生

一般社団法人 四十万未来研究所  代表理事
スペース・オブ・ファイブ株式会社 代表取締役


 

伊藤忠商事を退社後、慶應義塾大学SFC研究所研究員を経て住宅の総合コンサルティングをスタート。自身の3人の子育てを通じ、家庭内コミュニケーションについて長年、調査・研究を実施。その結果を2007年〝頭のよい子が育つ家〟として上梓、子育てファミリー層のテキストとしてロングセラーを続ける。その後も、教育・学習環境、空間とコミュニケーション研究の第一人者として慶應義塾大学、武蔵野美術大学、女子美術大学、東京大学での産学共同研究実績多数。主な著書に『頭のよい子が育つ家』(日経BP社)、『頭のよい子の家にはなぜホワイトボードがあるのか』(主婦と生活社)、『頭のよい子が育つ本棚』(学習研究社)などがあり、「頭のよい子が育つ家」に関連したライセンス事業や、インテリア・家具など幅広い分野でも提案及びライセンスビジネスを展開し、親子歴史料理教室や親子収納教室など、親子で共有出来るプログラムなども実施。2018年にはオープンハウスアーキテクトと第二世代頭のよい子が育つ家モデルハウスを千葉県野田市に建設。さらに今年4月には少子化&地方創生問題解決のため、master architectsystemによる新たな事業会社を福井県福井市に設立予定。
2019年より色彩科学研究所(株)と提携。「頭のよい子が育つ家」で家族で共有するファミリーカラー(商標出願中)を採用。

mv_gbt-10-2016---280.jpg

Gabrielle M. Buresch-Teichmann  先生(オーストリア)

International Light Association President

ウィーンにおける、カラーコンサルタント、光と色を手法に具体的なアプローチを体現化した。

彼女は、色、光がもつ、美的、心理的、活力性、癒しを引き出すことに長けており、「色により虜にされ、私の天職となりました、全感覚を通して、私は色を感じ、色を捉え、理解し、共存をしています。色と光は、常に、私の表現方法で、言語でも有ります。」

1987年より、オーストリアのカラーコンサルタントの第一人者の一人として、活動をしてきました。また、多くのラジオインタビュー、TV出演など、メディアを通して、光と色について、紹介をしてきた。

2018年1月、彼女の光&色との研究、業務は、30周年を迎えた。
ガブリエル氏 ホームページ

img_hotta09.jpg

堀田 忠弘 先生

堀田医院院長/医学博士/日本内科学会認定医 / 日本東洋医学専門医 / 日本テレセラピー研究会会長​

40年携わってきた西洋医学だけの治療に限界を感じ、これまでの治療に東洋医学と自然療法(オーリングテスト、筋反射、宝石光線遠隔療法など)を組み入れた治療を行う。「人は身体、心、魂を持ったエネルギー体である」という考えのもと、人間を統合的に把握し、治療するための研究に取り組み、成果を挙げている。近年は特にガン治療に注力している。また、人間的成長や潜在能力に興味を抱き、インド、ネパール、チベットにて修行をした経験を持つ。 

「内科医が書いたパワーストーンで健康になる本」「身体は何でも知っている」「あなたを変えるダウジング-見えない力-が限界を打ち破る」「体と心から毒を消す技術」ほか多数の著。

27529660
27529660

Describe your image

press to zoom
27529660
27529660

press to zoom
27529660
27529660

press to zoom
27529660
27529660

Describe your image

press to zoom
1/10